おせち料理

おせちはいつ食べる?正月の朝?時間で意味が変わる?

おせちと言えばお正月に食べるものですが、ご家庭によっては大晦日に食べたり、正月(元旦)の朝に食べるなどバラバラですよね。
大晦日に食べていたのに友人に聞いてみると「元旦に食べるのが普通」と言われて驚かれる、なんてこともあるようです。

一般的には正月の朝に食べる。北海道などは大晦日に食べる

一般的には「正月の朝」におせちを食べられるご家庭が多いです。Yahoo知恵袋などでも「おせちをいつ食べますか?」という質問にたいしてほとんどの方が「正月の朝」と答えています。

しかし、地域によって違いがあり、東北地方や北海道では大晦日におせちを食べるご家庭が多いそうです。

本来は新年のお祝い事としてお供えて食べるものだったので、大晦日に食べるのが正式だとも言われたりもします。また、大晦日は「年取りの晩」といって、子供たちが来年は1歳大人になることを祝い大晦日に懐石膳でおせちを食べていたようです。

しかし一方では、新年のお祝い事としてお供えて食べるけど「新しい年の豊作や家内安全、子孫繁栄などを祈って年明けに食べる」「お正月の三が日は神様がいるから炊事をしない」という理由で1月1日~3日の間に食べるのが正式ということも言われています。

今では大晦日のおせちに変わって年越しそばを食べるようになり「大晦日は年越しそば、元旦はおせち」というご家庭が多いですが、正式な意味合いというのは地域によっても変わってくるので、現在では大晦日でも正月の朝でも大丈夫だといわれています。